忍者ブログ

つーらんバァ

ばぁ茶んひなたぼっこ中。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さよなら&ありがとうティゲドゥイン!

朝起きると思わず生理になってしまっていた。まぁー、こんな時に・・・なんて思いましたが、こればっかりはどうしようもない。以前ピルを飲み続けていてちょっと調子が悪なったとき、飲むのをやめたら調子がよくなったので、ここのところピルを飲むのを休止していたためか、ものすごい生理痛にもなってしまった。せっかく用意してもらった朝食もまったく食べられず、今日はコズさんがまた一山二山越えて検診に行くのでちょろっと付いていってみたいなーと思っていたんだけど、まったく身動きがとれず。しょうがないので一人でラルバに帰るまでちょっとファティマのうちで休ませてもらうことに。


コズさんからもらった薬をのみ、しばらくしていたらちょっとよくなったので、また「野」に向かってみる。今度は朝なので丸見えにならないように気をつけるが、昨日した自分の固形のうんこに途中で出会う。うんこにはたくさんハエがたかっていて、自分のうんこの人気度に満足する。こうやって、ハエが私のうんこを活用してくれたり、残りのうんこはそのうち土にもどったりして、なんだか自分の産み落とした分身がこの集落に根付いていくような、ちょっと郷愁に似た思いさえ感じる。ここの人たちには本当によくしてもらって、去るのが本当にさみしいぐらいなので、もっと野でうんこをしていこうかしら。


山を下る途中であったおばさんたち。コズさんが検診をしてくれるというのが村中にいきわたっているため、同じ日本人の顔をした私もやってくれると思われた模様で、「血圧はかっておくれよ」と、会う人々みんなに言われる。


タマルートの中心部までやっとこさおりてきて、今にもでようとしている四駆車に間に合う。車のてっぺんには、ぐるぐると足をしばられた羊ちゃんがのせられているのだが、羊なりにこれから売られて食べるために殺されてしまうというのがわかっているのか、羊とは思えないような壮絶な「ブモモモモももももーー!!!」というおたけびを上げて一生懸命じたばたしている。


家畜を追っている女の子たちにも別れを告げ、いざ山を降りる。名残惜しすぎる。とてもステキなところだった。


山奥から戻ると、ラルバも都会に見えるから不思議だ。7joくんに最後まで見送ってもらいながら、あまりにもティゲドゥインがいいところ過ぎて心洗われてしまったことを話す。コズさんの「私にとってのモロッコは、ここティゲドゥインなんだー」という言葉も心に響いた。ここを見てしまったら、他はどこへ行ってもトゥーリスティックに見えてしまい、きっと感動しないだろうと思った。なので、モロッコの他のところはもう見ずに、ここの思い出をしっかりと頭に焼き付けてモロッコを出ることにしよう。
PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:

●(管理人)
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■Web翻訳
■ブログ内検索
■地球のほほえみオンラインショップ
■ギャラリーブログ
世界の表情を写真にのせた、ばぁ茶んのギャラリーブログはこちらからどうぞ。
地球のほほえみ
■カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ツール
■最新コメント
(09/11)
(09/04)
(09/13)
(09/13)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/04)
■カテゴリー
■お問い合わせ
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
そのへんのオババ。
高校はメキシコ。
韓国や中国に仕事で在住。
その後東京へ舞い戻っております。
地球を90カ国ぐらいウロつく。
■感謝
2006年

地球のほほえみ 臼井純子写真展

2007年
家族のほほえみ 臼井純子写真展

キイトス茶房様にて開催致しました。皆様のお陰で、無事に終了することが出来ました。本当に有り難うございました!!
■QRコード