忍者ブログ

つーらんバァ

ばぁ茶んひなたぼっこ中。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絶対ないとは言えないけど?



こちらのお店でSHIPS(船)は売っていないと思われますーー。
他の単語もスペルが微妙だけど、右と左の扉の間でさえも書き違えているところがほのぼの。
PR

カマリア窓


イエメン建築と言えば、茶色の壁に白の縁取りの他に忘れてならないのが「カマリア窓」でしょうか。これは、イエメン色のついた透き通った幾何学模様の窓で、都会的なおしゃれな窓という感じではなく伝統文化のようで、すごい田舎の村の家にもあったりします。もともとこういう窓スタイルはイエメンが発祥で、それが西洋に伝わってステンドグラスになったらしいです。



カマリア窓は、外に陽のある昼間は家の中で楽しめ、内側から光がある夜は、外から見ると奇麗だったりします。昼間はこのように、太陽の角度から窓に光が差し込むと、あたる壁のところに窓の反射が見えたりします。左側の壁に面した手前の大きな窓も、奥の小さな窓2つも、それぞれ右手の壁に反射しているのがみえるでしょうか。(太陽の角度がだいぶ上がってきたので、窓より下側に反射している)



イエメンの家の最上階部分には、「マフラージ」と呼ばれる応接間のようなところがあります。主にカートルームとして利用するのでしょうか。マフラージは家の中でも一番立派にする部分(見栄を張る部分?)なので、家の中でかマリア窓も一番立派だったりします。マフラージのでないにしろ、同じ部屋にかマリア窓がいくつもあるばあい、それぞれに個性があって違う模様や色になっていて、同じ窓が連なっていないところもまたステキだったりします。



夜は外から。中からの光が色とりどりに浮かび上がります。



小さい縦長の窓も可愛らしい。



実はカマリア窓は二重構造になっています。外側の窓と内側の窓の間に隙間があり、外側と内側の窓の模様が変えてあるのです。だから、同じ窓でも、内側から見るのと外側からみるのとで、模様が違うんですねー。凝っていてびっくりするわー。

カマリア窓の下の窓からこちらを見ている少女。

サナア旧市街


イエメンの旧市街と言われている地域は、11世紀の様相がそのまま残ると言われているところで、昔のままのイエメン建築の家が沢山建っています。茶色の壁に白い漆喰で縁取りのしてあるように見える摩天楼がそびえ立ちまくっている姿は圧巻。地震がないこともあるだろうけど、このような高層の建物が遥か昔からあるなんてすごいなぁー。サナアの別名は「世界最古の摩天楼都市」らしいのだが、それもうなずける。そして、この建物は観光用に管理されている場所でもなんでもなく、昔からここに人々が伝統的な生活を営み続け、今もこの建物に普通に暮らしているところがまたステキなのです。ここは丁度、現存している唯一の門、イエメン門から見た旧市街。



門の内側にはたいがい人々がたむろっています。イエメンの人たちは男も午後になると仕事を行ったん休んで何時間もぶらぶらしたりカートパーティーしたりで、「余暇先進国」ともいわれているとか!?


にぎわうスークへ続く道。イエメンの人は、アラブ人ばかりで(お金持ちのアラブの国は町を歩くと南アジア人ばっかり)、しかもみんなアラブ服を普段着で着ていて、町も昔ながらの感じなので、アラビアンナイトの世界にタイムスリップして迷い込んだような錯覚さえ覚える。オマーンなんかもアラブ人が多くてアラブ服だったが、なんかオマーンはみんなこぎれいで、イエメンのような薄汚れた普段っぽさがなかったような気がする。その分イエメンは「いやー、ほんと、ここぞ昔ながらのアラブって所に来たなぁ〜」という気分にどっぷり浸かれます。



スパイス屋さん。「ほら、これが塩だよ。なめてみるかい?」塩も岩塩で売っている。



パンを焼くおじさん。パンのかまどはあちらこちらにあって、焼きたてのパンが買えます。ちゃんとかまどで焼くパンに食べ慣れていたら、日本のスーパーのパンなんて絶対食べられないだろうなぁー。


油屋さん。どうしてこれが油屋さん?これは、らくだに目隠しをして、臼とひもでつないで、ぐるぐるぐるぐると果てしなく臼の周りを回らせ、その力で中の油をしぼっているのです。薄暗い部屋の中で、おじさんが臼の中を調節しながらやっているのですが、おじさんに比べてらくだって本当に大きいなぁ。




道行く人々。前からペットボトルをもったおじさんがやってきますが、おなかの真ん中にさしているのがジャンビーア(半月刀)。イエメンの男達はジャンビーアを結構老いも若きもみんなさしています。



チャイを飲みながら、おしゃべりに花を咲かせるおじさんたち。(ホラ、みんなジャンビーアさしてる)



お父さんを手伝って、食べ物を売る子供。このお父さんはあまり目が見えないようで、子供がそれをかばうように商売をしていた。障害をもった親を手伝って仕事をしている子供は本当によく見かける。いっぱい売れると学校に行けるようになるのかなぁ、などと思いをはせてみたり。



夜を迎える旧市街の街並み。これまた美しい。
■Web翻訳
■ブログ内検索
■地球のほほえみオンラインショップ
■ギャラリーブログ
世界の表情を写真にのせた、ばぁ茶んのギャラリーブログはこちらからどうぞ。
地球のほほえみ
■カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ツール
■最新コメント
(09/11)
(09/04)
(09/13)
(09/13)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/04)
■カテゴリー
■お問い合わせ
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
そのへんのオババ。
高校はメキシコ。
韓国や中国に仕事で在住。
その後東京へ舞い戻っております。
地球を90カ国ぐらいウロつく。
■感謝
2006年

地球のほほえみ 臼井純子写真展

2007年
家族のほほえみ 臼井純子写真展

キイトス茶房様にて開催致しました。皆様のお陰で、無事に終了することが出来ました。本当に有り難うございました!!
■QRコード