忍者ブログ

つーらんバァ

ばぁ茶んひなたぼっこ中。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりにエールフランス

ヨーロッパに行く機会があり、かなり久しぶりにエールフランスを利用しました。

成田のエールフランス専用ラウンジは、昨年7月にリニューアルされたばかりで、赤と白のコントラストがポップな感じ(色的には、神楽坂の日仏学院のカフェを思い出すかも)で、かわいかったです。


時間には結構きっちりしている性格だと思うのですが、空港にはどうしてもいつもぎりぎりにつく事が多く、そのまま飛行機に飛び乗ったりする事も。でも今回は割と余裕を持ってついたので、ラウンジを利用してみました。

ラウンジと言っても乾きモノしかないところも世界には多いと思いますが、ここにはカナッペなどもあって、ちょっとうれしい感じです。


今回はビジネスのエスパス・アフェールで行ける事になり、ゆっくりくつろげました。

最近はあまり乗っていなかったのですが、20代の頃はビジネスもたまーに乗っていました(自分のお金でじゃないけど^^;)。当時はビジネスと言っても単にゆうゆうと広い座席という感じで、あまりフラットになる機体が少なかったような気がします。最近はほぼ水平になるものが多くて、長時間飛行だとなおさらうれしいですね!


エールフランスさんは、ビジネスもいいですが、乗り降りのときにちらっとみたらファーストクラスがまたウッディーで色合いも落ち着いていて素敵でしたよ〜。

離陸前のおつまみとシャンパン。

相当前にエールフランスに乗ったときはサービスが・・・と思ったんだけど、今回はとってもよかったです〜。アメニティーのポーチも、写真を撮り忘れたけど、つるんとしたデザインでかわいかったです。(こんなかんじ。下の方の3つの写真)


びんながまぐろと黒まぐろの薫製、海老サラダ


牛フィレ肉のソテー ショロンソース添え
ポテトグラタン さやえんどう にんじん

ちょっとボケていますが、上の写真の右奥に、チーズプレートがあって、メインが終わった後も、ゆっくりワインとチーズで楽しめました。

デザートのヌガーハニームース

その後、ビュッフェスタイルのバーで、おにぎりやカップラーンやアイスクリームも自由に食べられました。でも、丁度ナイトフライトだったのもあり、すっかり寝てしまって朝になりました。



朝食は、トリュフオムレツとポークソーセージでした。ごちそうさまでした〜!

PR

幕末古写真ジェネレーター

自分で撮った写真を、幕末時代の風合いにしてくれるというサイト

幕末古写真ジェネレーター

もちろん白黒やセピアにするだけじゃありません!
結構それっぽくなるので面白い!



『四季亭』懐石料理

武蔵野の自然を生かした立地に、3000坪の広大な敷地を存分に使った日本庭園が。ししおどしの音も鳴り響く、しっとりした空間です。そしてその中に大きな日本家屋がいくつかあり、懐石料理を頂ける「四季亭」さん。子供の頃は、同じ敷地内の「いろりの里」さんの方が、汽車が料理をお部屋まで運んできてくれるのが楽しくて好きだったけど、大人の集まりだったら、四季亭さんがおちつくかも。



四季亭さんの母屋にご案内いただく前に、庭園の中の茶室に通されます。そこで、お茶を立てていただき、一息ついたら、四季亭さんの家屋に移動し、お部屋にご案内していただきました。

今回伺ったのは、ひな祭りの頃だったので、ひな祭りをイメージしたお懐石をいただきました(写真順不同)。結構大人数での会食だったので、全部の写真は撮りきれませんでしたが・・・。^^


八寸:木の芽和え 菱餅 飯蛸艶煮 蕨烏賊 蝶々長芋 花弁百合根 一寸豆花揚げ


先附:蟹 春菜 胡麻豆腐和え 生雲丹 土筆
御椀:潮仕立 蛤真丈


向附:旬の鮮魚二種盛り
焼物:桜鱒白酒焼 蕗味噌豆腐田楽


焚合:穴子東寺巻
揚物:筍嵐山揚


楊枝も着物を着てかわいらしかったです。
水菓子:春のフレッシュフルーツのゼリー寄せとわらび餅。

その他、お食事として、蒸しちらし寿司と赤出しを頂きました〜!
部屋の外の緑もとっても豊かで、また来る日が楽しみです。^^

■お店情報
四季亭


西表島に到着

石垣島から船で40分。西表島に到着しました。西表島には2つの港があるのですが、この時期海が大しけでひとつの港は封鎖されていました。2月上旬はその1つの港さえも封鎖されていたらしいので、来られてラッキーでした。

このへんで「ようこそ」は、めんそーれではなく、おーりとーり。


宿に向かうバスを待つ間、港の周りをぶらぶらしてみました。神社みたいなものを発見。鳥居があったから神社かなと思ったけど、本土の神社とはちょっとまた雰囲気が違い、建物の風通しが良さそう。


よく見るとてっぺんになぜか招き猫が・・・。
招き猫って店頭にいるものじゃなかったでしょうか。
なんと神社にいるとは!


何やら資料館を発見。だけど、看板が、句読点がなくて非常に読みづらい(よくみると読点はあるのだけど、1マス分使われていない)。他にも結構、句読点がなく、どあーーっと書いた看板を時々見かけた。

しかし、なぜに、北朝鮮の赤バッジがここに・・・。




警察の駐在所。

おまわりさんもシーサーです。


ひと歩きして疲れた頃に、コーヒーショップ(喫茶店?)を発見。なぜか名前は「氷」ですが・・・。


しかももっとよくみると、
コーヒーショップではなく、
コーヒーツヨシプでしたっっ。

石垣島で乗り換え

那覇空港から石垣空港まで小一時間。石垣島へ到着〜!
とはいっても、ここからすぐにまた、船に乗り換えて、西表島に向かいます。


石垣空港からバスで港に向かい、そのターミナルの近くの食堂に掲げてあった看板。こ、この色使い、まさに沖縄!!とちょっと感動。普通の食堂っぽいから、なにかデザインを手がけているわけでもなさそうなんだけど、この大胆な色使い。肌も髪の毛も赤ってすごいなぁ・・・そしてそれに緑の腰巻きと黄色の帽子か・・・としばし見とれる。だいぶあとで、これが沖縄に伝わるなんかの精霊だと知る。昔ながらのものがこんなにカラフルって、やっぱり本土にはない文化だなぁ!とちょっと興奮。

港について、船が出るまで1時間の待ち時間。
港は3階建てなんだけど、上の展望エリアに行くには、このスロープで上がる。足の悪くない人には、えらい長いスロープ(この写真に写っている部分だけでも半階分上がれるだけ)なのですが、空港にしろ港にしろ、結構沖縄ってバリアフリーがいっぱいある感じがした。しかも、このスロープに関して言えば、足の悪くない人もこのスロープを使う訳で、階段があって、その脇にちょっとバリアフリースロープと言う感じでないのが興味深い。確かにそんなに慌てて階段で3階まで上がる必要もないもんなぁ〜!トイレも、バリアフリーの数が多くて(全部バリアフリーなトイレも)、普通の人でも広いトイレ使っていいですよ的な感じ。確かに本当は、特別扱いではなくすべてがバリアフリーになるほうが、いろいろと不自由な人も使いやすそうな気もする。


桟橋で待っているときにあったお兄様。あまりにかっこ良すぎるので写真を撮らせてもらいました。お祭りでもなんでもなく、自分の島に帰るだけだと言うのに、このカラフルな出で立ち!素敵すぎます!!


港の待ち合い所の売店で、沖縄アイス、ブルーシール発見!ということで早速食しました。

大学時代、寮の隣の友達が沖縄出身だった。そして、お母さんが大事に送ってくれたブルーシールアイスクリームを持っていた。本土ではなかなか手に入らないだろうし、ブルーシールは沖縄独特の素材でつくられている事が多く、故郷を思い出す味だったに違いない。でも彼女は惜しみなく私たちに分けてくれたのを、よ〜く覚えています。当時一度も沖縄に行った事がなかったので、紅芋アイスをみて、芋なのになんでこんな色しているんだろうとびっくりした記憶が・・・。^^
■Web翻訳
■ブログ内検索
■地球のほほえみオンラインショップ
■ギャラリーブログ
世界の表情を写真にのせた、ばぁ茶んのギャラリーブログはこちらからどうぞ。
地球のほほえみ
■カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ツール
■最新コメント
(09/11)
(09/04)
(09/13)
(09/13)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/12)
(09/04)
■カテゴリー
■お問い合わせ
■プロフィール
HN:
ばぁ茶ん
性別:
非公開
自己紹介:
そのへんのオババ。
高校はメキシコ。
韓国や中国に仕事で在住。
その後東京へ舞い戻っております。
地球を90カ国ぐらいウロつく。
■感謝
2006年

地球のほほえみ 臼井純子写真展

2007年
家族のほほえみ 臼井純子写真展

キイトス茶房様にて開催致しました。皆様のお陰で、無事に終了することが出来ました。本当に有り難うございました!!
■QRコード